トヨタ車の燃費

 
スポンサーリンク

トヨタ車の車種別燃費一覧

 

トヨタ プリウスの燃費

「ハイブリッドカー」の先駆けとして登場。プリウスはガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて動いています。このハイブリッドシステムは、動力分配機構として、3系列に配置されたギアがそれぞれ発電機、エンジン、モーター(=タイヤ)と連動してコントロールされています。タイヤが停止していてもエンジンを動かし...

≫続きを読む

 

トヨタ エスティマハイブリッドの燃費

「ハイブリッドカー」の先駆けとして登場。プリウスはガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて動いています。ミニバンの最大の弱点といえば燃費。その問題を克服した「エスティマハイブリッド」は燃費でリッター20kmを達成しています。動力性能だけでなく、ブレーキや駆動力、ステアリングを統合制御して車両安定...

≫続きを読む

 

トヨタ ラクティスの燃費

ファンカーゴの後継車という位置づけになるラクティス。まずはデザインありきで、結果として機能性がついてきた車。コンセプトは「男性が乗っても恥ずかしくないコンパクト2BOX」。一家に一台のファーストカーとして選んでも気後れしないデザイン。ラインアップは1500ccと1300ccの2エンジン体制。CVTが...

≫続きを読む

 

トヨタ アルファードの燃費

全長が4840mm、車幅が1800mmを超えるミニバンゆえ、スペース的には文句なしのレベル。3列目まで大人が座れる圧倒的な広さ。サードシートまで人を乗せる必要がある人が選ぶべきモデルでしょう。迫力たっぷりの堂々とした外観で、ハードウエア的には、低床プラットフォームと前後サスペンションを採用。高級ミニ...

≫続きを読む

 

トヨタ エスティマの燃費

1990年に生産販売を開始した大型のミニバン。内外装の質感やデザイン・居住性ともにクラス最高と言え、生活臭を感じさせないミニバン。シート配置はセカンドシート独立の2人掛で7人乗りと、6:4分割可倒式の3人掛けからなる8人乗りの2つがあります。3列目も実用になるシートと空間ですが、大柄な人だと少し窮屈...

≫続きを読む

 

トヨタ ヴィッツの燃費

ヴィッツの外観デザインは、フロント部分はグリルとヘッドランプをつないだモダンなデザインで、バンパーまで一体のソリッドなフロント部分が目立ちます。スムーズなデザインとなったので、より現代的なクルマにも見えるようになりました。内装は、スタンダードでシンプルなデザインを基本に動きを加えた、嫌味のない万人向...

≫続きを読む

 

トヨタ iQの燃費

全長2985mmと3mを切った超コンパクトカー。ヴィッツよりも小さいボディでありながら4人が乗れます。日常的に4人乗車するには小さいので、普段は1人~2人で乗って、たまに子供を含めて3人~4人で乗るという人なら大きな不満はないでしょう。搭載エンジンは、最高出力68馬力の1000cc直列3気筒と、トヨ...

≫続きを読む

 

MR-Sの燃費

MR2の後継として1999年にデビューした2シーターミッドシップオープン。スタイルと走りにこだわった個性派モデル。エンジンを前後の車軸の間に搭載するミッドシップ方式のフルオープン・2シーターのスポーツカー。徹底的に軽量化が図られた1000kg前後という軽い車重と相まって、軽快なスポーツドライビングを...

≫続きを読む

 

RAV4の燃費

「21世紀をリードする都会派高性能SUV」をコンセプトにするコンパクトSUV。新開発のプラットフォームやエンジンなど、さまざまなニューアイテムを採用。室内空間を拡大して使い勝手を高めたほか、衝突安全や歩行者障害の低減など安全にも配慮しています。日本では大きく感じますが、世界標準ともいえるサイズ。車名...

≫続きを読む

 

アイシスの燃費

アイシスは2004年にトヨタがガイアに代わって新しく投入したミディアムクラスのミニバン。アクセスとスペースの革新を目指し、使う人がより快適に、思いのままに使える空間をテーマに開発されました。最大の特長はパノラマオープンドアの採用で、助手席側のフロントドアとスライドドアを開けると、センターピラーのない...

≫続きを読む

 

アベンシスの燃費

欧州市場でトヨタの主力モデルとして専用開発されたミディアムクラスの車。欧州で最高レベルの評価を獲得した安全性能や優れた走行性能が特徴。室内は部品間の隙間を極力小さくし精緻に造り込まれたインパネやドアトリム、上質なシートにより、高級感・高品質感を演出しています。ボディはセダンとステーションワゴンがあり...

≫続きを読む

 

アリオンの燃費

5ナンバーセダンの完成形を目指して開発されたモデル。運転席回りのデザインは室内の広さを強調するものとし、各種スイッチ類の操作性がよい。駆動方式はFFが基本で1.8リッター車には4WDも。最新基準によるGOAボディを採用したほか、SRSエアバッグや電子制御ブレーキ配分付きABSなどが標準。エンジンやト...

≫続きを読む

 

アルファードハイブリッドの燃費

エスティマに次ぐミニバンのハイブリッドカーとして2車種目のモデルで平成15年7月にデビュー。ハイブリッドシステムTHS-Cは、高効率の4気筒2.4リッターガソリンエンジンに、フロントモーターと無段変速のスーパーCVTを組み合わせるほか、後輪にもモーターを装着してE-Fourの4WD車としています。発...

≫続きを読む

 

イプサムの燃費

パッケージ、ユーティリティ、デザイン、走りのすべてを次世代型に進化させ、新開発のプラットホームを使用してひと回り大きな3ナンバーボディになり、ゆとりを持ってくつろげる室内空間を実現。3列シートでサードシート後方床下に独自の大容量スーパーラゲージボックスを設定したほか、多彩なシートアレンジも可能。車名...

≫続きを読む

 

イストの燃費

ヴィッツ系のプラットフォームをベースにしたちょっとおしゃれなイメージの車。コンパクトな2BOXカーとSUVをクロスオーバーさせた新デザイン&プロポーション。インテリアは滑らかな曲線を描くセンタークラスターが印象的。ホイールベースが延長されたことなどによって室内空間が拡大されたのもポイント。後席の足元...

≫続きを読む

 

ヴァンガードの燃費

ミディアムクラスの新SUVとしてヴァンガードが2007年8月に登場。外観デザインはRAV4のイメージを残しつつも、アクティブでアーバンなライフスタイルに応えるものとされています。インテリアは随所にブロンズ調加飾やクロムメッキ処理を採用したほか、上級グレードには本革&アルカンターラのシート表皮を採用し...

≫続きを読む

 

ウィッシュの燃費

全高を抑えたヒンジ式ドアのミニバン。スマートマルチプレーヤーをテーマに、確かな基本性能と高い機能性の両立を目指しています。外観デザインは室内空間をしっかり感じさせるボリューム感を表現しながら、スポーティで躍動感のあるものとしています。インテリアは7人が快適に移動できる空間を確保。車名排気量(cc)使...

≫続きを読む

 

ヴェルファイアの燃費

ヴェルファイアはアルファードと姉妹車を成すモデル。ヴェルファイアは外観デザインに違いがありますが、基本コンポーネンツを始め、内装の仕様やバリエーション構成などはアルファードとほぼ対応しています。違いが設けられたデザインは、アルファードの上品や洗練に対し、ヴェルファイアでは力強さや先進性がテーマ。イン...

≫続きを読む

 

ヴォクシーの燃費

トヨタの主力ミニバン。ノアは姉妹車。ヴォクシーはより若いユーザーを意識し、外観デザインはクールで個性的かつ若々しい雰囲気が与えられています。インテリアは機能性と広がりを表現し、室内長を大きく拡大しています。豊富な収納スペースも用意されています。車名排気量(cc)使用燃料タンク容量(L)燃費(km/L...

≫続きを読む

 

エスティマの燃費

先進ミニバンの決定版を目指して開発されました。空力特性に優れた先進イメージを持つスタイリッシュな外観デザイン。ホイールベースの延長で広くなった室内空間は、開放的な造形と機能性の高さが特徴。搭載エンジンは直列4気筒2.4リッターとV型6気筒3.5リッターの2機種。車名排気量(cc)使用燃料タンク容量(...

≫続きを読む

 

オーリスの燃費

2006年10月に登場したコンパクトハッチ。「直感性能」がキャッチフレーズで、見た瞬間、乗った瞬間、走らせた瞬間に性能が感じ取れるようなクルマを目指しています。オーリスは欧州向けカローラのプラットフォームやボディをベースにしたモデル。存在感のある外観デザインはもちろん、特徴的なインテリアも大きなポイ...

≫続きを読む

 

カムリの燃費

アスレチック&モダンをテーマにした新世代のセダンプロポーションを作るとともに、ボディの全長を従来と同じに抑えながらも、全幅の拡大やホイールベースを延長して、室内空間を大きく広げています。特に室内長が大幅に長くなって後席の足元の余裕が拡大した。スタイリッシュな外観とゆとりの快適空間を両立させたパッケー...

≫続きを読む

 

カルディナの燃費

ザ・ツーリングマシーンをテーマに、パフォーマンス、デザイン、ユーティリティを融合させた新世紀のスポーツスペシャルティワゴンとして開発されました。ボディワークやパッケージングにおいても、スポーティカーのタイト感を醸し出しつつも、ワゴンとしてのユーティリティ、十分な室内空間が確保。新世紀のスポーツスペシ...

≫続きを読む

 

カローラアクシオの燃費

ベストセラーのコンパクトカー。ボディサイズは5ナンバー車の枠を守り、手頃なサイズで取り回しも良い車に仕上がっています。デザインはコンパクトでありながら伸び伸びした躍動感あるエクステリアを目指したほか、インテリアは適度な広さの快適な空間を目指しています。制御の最適化やバルブマチックエンジンの搭載によっ...

≫続きを読む

 

カローラフィールダーの燃費

ボディの基本骨格はアクシオと共通で、扱いやすい手頃な5ナンバーサイズ。外観デザインはユーザーの年齢層がやや若いことを反映してサイドビューなどがスタイリッシュで若々しいものとされています。インテリアもセダンとは異なる3本スポークのステリアングホイールによってスポーティさを表現。使い勝手に配慮した装備や...

≫続きを読む

 

カローラルミオンの燃費

カローラユーザーの年齢層が年々高まる中で、新しいユーザーを獲得すべく若いユーザーをターゲットに開発された車。基本プラットフォームはカローラセダンのものではなく、欧州向けカローラともいえるオーリス用のものを採用。シートアンダーボックスなど収納も豊富。車名排気量(cc)使用燃料タンク容量(L)燃費(km...

≫続きを読む

 

クラウンアスリートの燃費

日本を代表する高級サルーン。アスリートはいわば従来のロイヤルツーリングの拡大で、クラウンとしては久々の過給機付きエンジンを搭載。初の本格的な走りのモデルとなっています。全幅とトレッドを拡大した外観も、メッシュグリルや大きなセンター開口部、丸形4灯リアランプなどでスポーティさを強調。車名排気量(cc)...

≫続きを読む

 

クラウンエステートの燃費

エンジンを車両の中心に寄せ、燃料タンクを後席床下に設置することで走行性能を高めると同時に、広いキャビンと使いやすいラゲッジルームを実現。インテリアは、ダッシュボード裏のクロスメンバーの設置やフロアパネルの剛性アップにより振動を抑え、ロードノイズを低減。リヤシートはグレードに応じて電動リクライニング機...

≫続きを読む

 

クラウンマジェスタの燃費

堂々たる存在感を表現したボディは、広い室内空間を確保しながらも、前後のオーバーハングを切り詰めて、最小回転半径5.3mと日本の道路交通環境の中でも扱いやすいボディサイズ。外観デザインはもとよりインテリア回りの空間も高いクオリティが表現されたほか、メーター内の表示を液晶パネルで行うファイングラフィック...

≫続きを読む

 

クラウンロイヤルの燃費

トヨタブランドを代表する車。ボディは全長と全幅がやや大きくなったが、全幅は1795mmに抑えられ、日本向けの車らしいぎりぎりの配慮がなされています。外観デザインはひと目でクラウンと分かると同時に、進化の幅も分かるものになっています。インテリアはクラウンらしいラグジュアリーな雰囲気を継承すると同時に、...

≫続きを読む

 

クラウンハイブリッドの燃費

トヨタを代表する高級サルーン。ハイブリッドには、4.5L車クラスの動力性能と、2L車クラスの低燃費を両立するFR専用2段変速式リダクション機構付のハイブリッドシステムを搭載。3.5リッターV6エンジンとモーターから成るハイブリッドシステムは、レクサスGS450hから移植されたものですが、EVモードを...

≫続きを読む

 

クルーガーの燃費

ライフスタイルをより豊かに演出するアクティブ・ビークルとして、「SUVの魅力、楽しさ」「乗用車の高い基本性能」を融合。外観はシャープなラインと力強いブリスターフェンダーが特徴的。新設計のサスペンションや高剛性ボディの採用により、乗用車の資質である快適な走りと、高めの最低地上高によるSUVの悪路走破性...

≫続きを読む

 

SAI(サイ)の燃費

サイはレクサスブランドで発売されたHS250hのトヨタ版ともいえるモデルで、手頃なサイズの4ドアセダンボディを持つハイブリッド専用車。サイの開発テーマは「才」と「彩」で、環境性能や安全性能などの才能と、おしゃれさを演出する彩りを表現した。セダンボディは比較的オーソドックスなものながら、空力特性を徹底...

≫続きを読む

 

サクシードの燃費

商用車バンを基本としながらもパーソナルユースに幅広く使える5ナンバーワゴン。立体としての剛性感やタフさを強調した外観スタイルは、実用性・軽快感を重視した高機能でシンプルなもの。ワゴンにはサイドプロテクションモールや座り心地を重視した厚めのリヤシートを装備し、バンとの差別化を図っています。リヤシートは...

≫続きを読む

 

シエンタの燃費

ヴィッツのプラットホームを採用して作られたトヨタの最小サイズのミニバン。ミニバンに求められる機能をコンパクトサイズに凝縮。7人乗りの3列シートを配した室内は居心地の良さと使い勝手の良さを主眼に、シンプルで温かみのあるくつろぎ空間を創造しています。車名排気量(cc)使用燃料タンク容量(L)燃費(km/...

≫続きを読む

 

ノアの燃費

トヨタの主力ミニバン。ヴォクシーは姉妹車。いわゆる1BOXタイプのミニバンで、親しみやすい外観デザインが与えられるとともに、スポーティな外観を持つエアロも。インテリアは機能性と広がりを表現し、ホイールベースは同じなのに室内長を大きく拡大しています。ロングスライドとマルチ回転が可能なセカンドシートなど...

≫続きを読む

 

ハイラックスサーフの燃費

多様なライフスタイルに応えるスタイリッシュSUVをテーマに、スポーティでパワフルなデザイン、洗練された室内空間、オンロードとオフロード性能の高レベルでの両立などを目指して開発。外観デザインは初代から受け継ぐパワフルで軽快なイメージを継承し、インテリアはスペシャリティカーのような若々しいデザインとパワ...

≫続きを読む

 

ハリアーの燃費

ハリアーは高級サルーンの基本性能を備えたラグジュアリーSUVとし、世界でもポピュラーなSUV。新設計のプラットフォームを採用し、ハンドリング性能と先進の安全性を特徴としています。外観は初代モデルのアイデンティティを受け継ぎつつ、シャープなヘッドランプなどが走りを予感させています。インパネデザインは独...

≫続きを読む

 

パッソの燃費

ダイハツと共同開発し、ダイハツが生産したクルマの供給を受けているのがパッソ。ダイハツのブーンが姉妹車。若い女性を主なターゲットとし、女性スタッフを中心に女性ならではの視点を大切にしたクルマ作りを徹底しています。ボディタイプは5ドアハッチバックのみの設定で、コンパクトなボディの中に広々とした居住空間を...

≫続きを読む

 

ブレビスの燃費

プログレと基本性能はほぼ同じで、ミディアムサイズのボディながらゆとりと高級感あるクルマに仕上げられています。外観では丸型3連のヘッドランプや縦基調のフロントグリルが特徴的。インテリアではスピードメーターや時計にグラスグリーン照明を用いてエレガントな空間を演出し、センタークラスターに本アルミパネルを使...

≫続きを読む

 

プレミオの燃費

プレミオは5ナンバーセダンの完成形を目指して作られた。大きめのヘッドライトなどが存在感のあるフロントビューを作り、サイドビューは大きなキャビンが室内空間の大きさを連想させます。運転席回りのデザインは室内の広さを強調し、各種スイッチ類の操作性を高めています。車名排気量(cc)使用燃料タンク容量(L)燃...

≫続きを読む

 

プログレの燃費

FRレイアウトの新プラットホームをベースに、エンジンや燃料タンクなどの重量物を車両の中心に近付け、全長に対してホイールベースを長めに設定して5ナンバーサイズにまとめた車。外観はロービームとハイビームを組み合わせた異型4灯式ヘッドランプが特徴。高い静粛性を確保した室内空間は、インパネやドアトリムに木目...

≫続きを読む

 

プロボックスの燃費

プロボックスは、商用車バンを基本としながらもパーソナルユースに幅広く使える5ナンバーワゴン。立体としての剛性感やタフさを強調した外観スタイルは、実用性・軽快感を重視した高機能でシンプルなもの。ワゴンにはサイドプロテクションモールや座り心地を重視した厚めのリヤシートを装備し、バンとの差別化を図っていま...

≫続きを読む

 

ベルタの燃費

トヨタ最小クラスのコンパクトセダン。開発のテーマはコンパクト・スタイリッシュ・サルーンで、小さなサイズのコンパクトセダンながら、デザイン的な美しさを重視し、外観デザインの美しさや内装の質感などにこだわっています。基本性能はしっかりと確保され、大人4人がきちんと座れる居住空間と大きなのトランクスペース...

≫続きを読む

 

ポルテの燃費

スタイリングは外観がシンプルでさわやかな存在感を、内装は開放感溢れるリビング感覚を演出。最大の特徴は助手席側に大きな電動スライドドアを採用したこと。乗り降りや荷物の積み下ろしが楽にでき、誰にでも使いやすい仕様としています。車名排気量(cc)使用燃料タンク容量(L)燃費(km/L)ポルテ1.3 130...

≫続きを読む

 

マークⅡブリッドの燃費

ワゴンと暮らす生活への憧れを念頭に開発。長距離クルージングにおいてもストレスを感じない余裕の動力性能を実現する2リッターから2.5リッター・ターボの直列6気筒エンジンのラインナップ。優れた操縦性、走行安定性を得ています。セダンモデルのマークXにも通じる上質感を演出するとともにワゴンならではの広い居住...

≫続きを読む

 

マークXの燃費

「魅力的なスタイリング」と「運転する楽しさ」にこだわり、マークXのアイデンティティを強化することをテーマに開発。3眼を協調するヘッドライトのデザインは初代マークXを継承するもので、スタンダード、プレミアム、スポーツの3種類のモデルが用意されています。インテリアは広がり感とドライビングプレジャーの両立...

≫続きを読む

 

ラウムの燃費

性差、年齢などに関わらず、多くの人々が快適に使用でき、豊かで充実した体験が得られるモノや場所のデザイン、さらにはサービスの提供を意味する「ユニバーサルデザイン」を車づくりで追究しています。乗降性を高めるために助手席側にはセンターピラー内蔵ドアを採用。リアのスライトドアとあわせ、大開口を実現し、乗降性...

≫続きを読む

 

ラクティスの燃費

外観デザインは背の高いパッケージングの割にはスタイリッシュな印象。ワイドトレッドや低床フロアによる独特のパッケージングにより、室内空間はゆとりある広さが実現されています。インテリアはオプティトロンメーターの採用や触り心地にもこだわったシートの採用などによって上質さが演出されています。車名排気量(cc...

≫続きを読む

 

ラッシュの燃費

ラッシュはダイハツから供給を受けている小型SUV。ボディサイズは全長が4mを切るコンパクトなもので、全幅も5ナンバー枠に収めた手頃なサイズのSUVに仕上げられています。SUVとしての楽しさに加え、コンパクト2BOXの気軽さ、ワゴンのうれしさなどを融合させたクロスオーバー車。外観デザインはSUVらしい...

≫続きを読む

 

ランドクルーザーの燃費

4WDの王者としての機能・性能を高めています。乗る人の心の満足度を高めることなどを主眼に開発。ボディはやや大きくなったものの、新プラットフォームを採用したにもかかわらずホイールベースは従来と同じ。外観デザインは従来のイメージを踏襲し、ランドクルーザーらしい力強さと新しさを表現。インテリアは機能性や操...

≫続きを読む

 

ランドクルーザープラドの燃費

ボディサイズはひと回り大きくなり、本格派SUVならではの力強さを表現した外観デザインは、ランドクルーザーらしさが現代的にリファインされています。インテリアは安定感を感じさせる水平基調のインパネの中心に操作系を集約したセンタークラスターが配置。オフロードでの確実な操作が可能なデザインとともに、快適性な...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク