日産 キューブキュービックの燃費

 
スポンサーリンク

キューブキュービック モデル別燃費一覧

 

キューブをベースにコンパクトでありながら実用性の高い3列シートとして登場したのがキューブキュービック。
コンパクトなボディの中に、7人乗りの3列シートを配置。
小回りの利く4.7mの最小回転半径も魅力。
セカンド+サードシートのニールーム&ヘッドルームは、必要な時は大人が十分乗れるスペースを確保。
大きなリアドア開口に加え、1アクションでシートバックが前に倒れスライドするセカンドシートも。
インテリアは温かみのあるリラックススペースを実現し、機能的で使いやすく豊富な収納スペースを装備。
キューブの特徴のひとつであるソファのように快適なシートを、3列目までしっかりと確保。

 

車名 排気量(cc) 使用燃料 タンク容量(L) 燃費(km/L)
キューブキュービック1.4 14RS 1386 レギュラー 41 16
キューブキュービック1.4 14S 1386 レギュラー 41 16
キューブキュービック1.5 15E 1498 レギュラー 45 19.2
キューブキュービック1.5 15M 1498 レギュラー 45 19.2
キューブキュービック1.5 15RX 1498 レギュラー 45 19.2
1.5 15S FOUR 4WD 1498 レギュラー 45 14.6

 

データはカタログからの表記。
走行や購入の参考にしましょう。

スポンサーリンク

 

関連ページ

ティーダの燃費
高級なインテリアとクラスを超えた居住性、高い走行性能など、コンパクトカーの基準を超える高いクオリティを目指して開発。
ウイングロードの燃費
機能的な小型ワゴンを目指し、居住&積載の空間設計、使い勝手に優れた高い機能性、気持ちの良い走りなどが開発のテーマ。
エクストレイルの燃費
本格的なオフロードSUV。
エルグランドの燃費
上級ミニバン市場の先駆車となるエルグランド。
オッティの燃費
日産が三菱からOEM供給を受けて販売している軽自動車。
キューブの燃費
キューブの名前の通りに角張ったデザインを継承すると同時に、角の取れた丸みで表現される部分もあるなど、キューブらしさと新しさをうまくマッチさせています。
シーマの燃費
ダイナミック&モダンを開発コンセプトとし、革新的なスタイルと圧倒的な動力性能、最先端の技術を搭載した日産の最上級プレステージセダン。
スカイラインの燃費
日本を代表するGTカー。
スカイラインクーペの燃費
基本プラットフォームはV35スカイラインから採用されたFMパッケージを発展させたもの。
ステージアの燃費
デュアルシーンで余裕の走りと優れた機能を発揮するプレステージツーリングワゴン。
セレナの燃費
ミドルクラスのボックス系ミニバン。
ティーダラティオの燃費
モダンで高級感のあるインテリア、クラスを超えた広い居住性、高い走行性能と快適な乗り心地などが特徴。
ティアナの燃費
セフィーロやローレルの後継モデルとして投入された上級セダン。
ノートの燃費
「爽快に走れる、フレキシブルに使える」をコンセプトにした日産のコンパクトカー。
フーガの燃費
日産のフラッグシップモデルとも言うべき存在。
フェアレディZの燃費
日本を代表するスポーツカー。
フェアレディZロードスターの燃費
2座オープン。華やかで、存在感のある車。
ブルーバードシルフィの燃費
手頃な5ナンバーサイズの4ドアセダン。
プレサージュの燃費
最大の特徴は「簡単、らくらくシートアレンジ」。
マーチの燃費
丸型のヘッドランプやアーチ型のウインドーラインなどがマーチらしい可愛らしさを表現。
ムラーノの燃費
上級クロスオーバーSUV。
モコの燃費
スズキからOEM供給を受けているモコ。
ラフェスタの燃費
5ナンバーサイズの小型ミニバン。