フレッシュタイプのチーズの特徴

熟成させないタイプで、まだ生まれて間もないチーズです。
ヨーグルトに似ています。
牛乳を固めたものが「ヨーグルト」、そこから水分を取り除いたものが、
フレッシュチーズとなります。

 

口あたりがソフトで、あっさりとした心地よい酸味、
そして新鮮なミルクの味と香りが味わえます。
新鮮なほどおいしく、そのままでも、ハチミツをかけたり、
果物にかけてもおいしく食べられます。

 

作り方もさほど難しくなく、牛乳とお酢またはワインビィネガーがあれば、家庭でも作ることができます。

 

使われるミルクはいろいろありますが、牛乳製がもっとも食べやすいでしょう。
フレッシュチーズとクリーム・牛乳などを混ぜ合わせて作られるのが「クリームチーズ」。

 

 

フレッシュタイプのチーズの選び方・保存方法

日付の新しい新鮮なものがよいです。開封したらできるだけ早く使いきりましょう。

 

 

フレッシュタイプのチーズの代表的なチーズ

クリーム、モッツァレラ、フェタ、ブルサン、ブルソー、フロマージュブラン、リコッタ、マスカルポーネ、ゴールデンワットル


 
ページの先頭へ戻る