ウオッシュチーズ一覧

 
Sponsored Link

ウオッシュチーズ一覧

熟成過程で、その土地のワイン・ブランデー・マールなどの地酒、または塩水で表面を何度も洗うため「ウォッシュ」タイプと呼ばれます。そのため、その産地独特の風味がする個性的なチーズが多い。

 

外皮からは独特の強烈な匂いがします。一見クセが強そうですが、外側の皮を外すと匂いほど強いクセはなく、しっとりと深い味わいものが多いです。熟成が進むにつれて、この風味はさらに強くなりますので、個性豊かな味を楽しめるでしょう。

 

匂いが強いものが多いため通向きのチーズとも言われています。表皮はよけて中だけを食べましょう。

ウオッシュチーズ一覧記事一覧

マンステールの特徴・食べ方

マンステール(Munster)のチーズの特徴このチーズの名前は修道院(モナステール)からきている長い歴史を持つフランスチーズの一つ。ドイツとフランスの国境であるアルザス地方のヴォージュ山脈にあるマンステールの谷に落ち着いた修道士たちが、山を切り開いて牛を放牧し、そのミルクでチーズ製造を始めたのが始ま...

≫続きを読む

モン・ドールの特徴・食べ方

モン・ドール(Montd`Or)のチーズの特徴このチーズはフランスとスイスとの国境付近にあるモン・ドール一帯が産地。モン・ドールは「黄金の山」という意味。名前も地名から来ています。同じタイプのチーズが、スイスでもつくられていますが、生産量は、フランスが圧倒的に多いです。このチーズの最大の特徴は、モミ...

≫続きを読む

ルブロションの特徴・食べ方

ルブロション(Reblochon)のチーズの特徴名前の由来となっている「ルブロシェ」とは、もう1度搾るという意味。2度目に搾ったミルクは濃厚といわれ、その2度目のミルクで作ったのがルブロションというわけです。しっとり濡れた重みがあり、皮までまるごとい食べられる、とても食べやすいチーズ。口に含むと溶け...

≫続きを読む

エポワスの特徴・食べ方

エポワス(Epoisses)のチーズの特徴一度食べたら病みつきになりそうな強烈な個性のチーズ。チーズ愛好家にとっても人気。ウオツンュタイプというと主張の強いものが多いのですが、その中でもこのエポワスは最上級。味はひと言でいえば美味。中身はやわらかくねっとりとしていて、明るいベージュ色をしています。中...

≫続きを読む

スーマントランの特徴・食べ方

スーマントラン(Soumaintrain)のチーズの特徴フルゴーニュ地方、ヨンヌ県の小さな村の名前がスーマントラン。同郷の「エポワス」と似た製法で作られ、エポワスは塩水で洗った後、マール酒で洗われますが、スーマントランは塩水のみで洗いながら熟成させます。表皮は3週間以上ブラシで磨くことで、湿ったオレ...

≫続きを読む

ラミ・デュ・シャンベルタンの特徴・食べ方

ラミ・デュ・シャンベルタン(L`amiduChambertin)のチーズの特徴エポワスをまねてつくられたチーズ。ラミ(L'ami)の中のアミ(ami)は、友だちという意味のフランス語、シャンベルタンは、ナポレオンも愛飲したと言われているブルゴーニュを代表する赤ワインの名前。「シャンベルダン」と同じ村...

≫続きを読む

ピエ・ダングロワの特徴・食べ方

ピエ・ダングロワ(Pied`Angloys)のチーズの特徴シャブリの産地近くで作られる新しいタイプのチーズ。ウォッシュタイプ特有の強い香りを抑えたマイルドで食べやすい日本でも人気の高いチーズ。カマンベールよりも食べやすく、値段が手ごろで、初心者にもおすすめです。表面を塩水で洗った後に真水で洗っている...

≫続きを読む

ポン=レヴェックの特徴・食べ方

ポン=レヴェック(Pont-l`Eveque)のチーズの特徴チーズの名品を数多く生み出しているノルマンディ地方のチーズ。初心者でも親しみやすいマイルドなウオッシュタイブのチーズです。外側は淡い麦わら色でやや乾いた感じ。わらの上で熟成させたあとがついています。全体に小さな気孔が散っています。マイルドで...

≫続きを読む

ラングルの特徴・食べ方

ラングル(Langres)のチーズの特徴このチーズの特徴は、上面にフォンテーヌ(泉の意)と呼ばれるくぽみがあること。通常のチーズはふっくらしたものがほとんどなのに、くぼみがあるユニークな形。このくぼみは、熟成させるときに一度も反転させないことでできる自然の重みでくぼんだものです。熟成が進めば進むほど...

≫続きを読む

リヴァロの特徴・食べ方

リヴァロ(Livarot)のチーズの特徴鼻を抜けるようなツンとした刺激臭があるかなり個性派チーズ。リヴァロの食べごろは製造から5〜6週間たったころで、熟成がちょうどピ〜クを迎えるとき。それを過ぎると苦みが強くなり、おいしさも薄れていきます。表皮はやや乾いていて中身もぼそぽそした感じですが、熟成が進む...

≫続きを読む

マロワルの特徴・食べ方

マロワル(Maroilles)のチーズの特徴北フランスを代表する強い風味と長い歴史を持つチーズ。ベルギーとの国境まで約30qの町マロワールが産地。この村の修道僧がつくったのが始まりで、1000年以上もの歴史を誇り、人々はこのチーズを「マロワールの傑作」とたたえました。繰り返し洗って、時間をかけて熟成...

≫続きを読む

ナンテの特徴・食べ方

ナンテ(Nantais)のチーズの特徴1794年、フランス革命から難を逃れてきた司祭(キュレ)が、ナントの町でチーズをつくったのが始まり。キュレ・ナンテやキュレとも呼ばれています。もともとは風味の強いチーズだったのですが、工場で作るようになってからは、やさしくなったといわれています。表皮は濡れて柔ら...

≫続きを読む

タレッジョの特徴・食べ方

タレッジョ(Taleggio)のチーズの特徴ウオッシュタイプが苦手な人も、このタレッジョならいけるかもしれません。イタリア生まれの洗うタイプの代表格であるこのチーズは、フランスのものとくらべると、ぐっとおだやかな。一辺が20cmの正方形をしています。上品な風味と軽い酸味があり、この酸味がチーズに食べ...

≫続きを読む

Sponsored Link