シェーヴルチーズ一覧

 
Sponsored Link

シェーヴルチーズ一覧

山羊(やぎ)の乳から作られるチーズの総称が「シェーブル」タイプです。
味は特有のクセのある風味を持ち、若い頃にはさわやかな酸味があり、熟成が進むにつれて深いコクが出てきます。

 

ただ、山羊はとっても匂いの強い動物なので、ミルクにも特有の風味があります。熟成が進むと、この風味がだんだん強くなってきますのでご注意。「あの風味がたまらないのです」という山羊好きさんには熟成タイプがオススメです。

シェーヴルチーズ一覧記事一覧

サント=モール・ド・トゥーレーヌの特徴・食べ方

サント=モール・ド・トゥーレーヌ(Sainte-MauredeTouraine)のチーズの特徴フランスのロワール川周辺はシェーヴルの産地として有名で、このチーズの知名度は高いです。山羊らしい酸味とミルクのまろやかさが絶妙の、さわやかな風味のチーズ。中身はきめ細かく塩味と酸味のバランスがとれ、さわやか...

≫続きを読む

クロタン・ド・シャヴィニョルの特徴・食べ方

クロタン・ド・シャヴィニョル(CrottindeChavignol)のチーズの特徴フレッシュなクロタンをアツアツに焼いて野菜の上にのせたサラダ、クロタンのサラダで一躍脚光を浴びたチーズ。ローストすることによって、山羊くささが薄れて食べやすくなり、高級フランス料理店の人気メニューとして知られています。...

≫続きを読む

プーリニィ・サン=ピエールの特徴・食べ方

プーリニィ・サン=ピエール(PoulignySaint-Pierre)のチーズの特徴背が高く、ピラミッド型のチーズ。そのスマートな姿から、エッフェル塔の愛称で親しまれています。サン=ピエールという名称は、産地であるベリー地方の小さな村の名前からきています。中身は純白できめ細かく、崩れやすい組織。塩分...

≫続きを読む

セル=シュール=シェールの特徴・食べ方

セル=シュール=シェール(Selles-sur-Cher)のチーズの特徴シェーヴルの傑作の1つと名高いチーズ。繊細でやさしい味わいを持ち、シェーヴルらしい風合いも充分に感じられます。山羊乳独特の芳醇な香り、かすかな甘さと酸味、ほどよい塩味が、持ち味のよさを引き出し、食べたあと口の中にほのかな香りが残...

≫続きを読む

ピコドンの特徴・食べ方

ピコドン(Picodon)のチーズの特徴山羊のチーズは組織がもろくて壊れやすいので小ぶりなものが多いのですが、その中でもピコドンは小さめなチーズです。見た目は、クリーム地にうっすらと白みがかった自然のカビがかかっています。熟成が進むにつれて表面をカビがおおい始め、乾燥し、かたくなります。シェーヴルに...

≫続きを読む

ロカマドゥールの特徴・食べ方

ロカマドゥール(Rocamadour)のチーズの特徴以前はカベクー・ド・ロカマドゥールと呼ばれていましたが、1996年にAOCを獲得した際にロカマドゥールの名前に統一。カベクーが中世のプロヴァンス語で小さい山羊のチーズを意味し、ほかにもこの名前を冠したチーズがたくさん存在してまぎらわしいので、ロカマ...

≫続きを読む

ヴァランセの特徴・食べ方

ヴァランセ(Valencay)のチーズの特徴シェーヴルは灰がまぶしてあるものが多く、中でもこのチーズは真っ黒な木炭の灰におおわれているので、一目でヴァランセとわかります。周囲にまぶしてある木炭は、山羊乳特有の酸味を和らげ、マイルドにする働きを持っています。熟成が進むと、この灰が黒からグレーになります...

≫続きを読む

シャビシュー・デュ・ポワトゥの特徴・食べ方

シャビシュー・デュ・ポワトゥ(ChabichouduPoitou)のチーズの特徴このチーズの外皮は薄く、若いうちは白っぽいのですが、熟成が進むと黄や茶色、もしくはブルーグレーに変わります。中身は、白くきめが細かく組織が詰まっています。口当たりは滑らかで、ほかのシェーヴルにくらべて、やや辛口でこってり...

≫続きを読む

モテ・ア・ラ・フイユの特徴・食べ方

モテ・ア・ラ・フイユ(Mothaisalafeuille)のチーズの特徴栗の葉にのったチーズ。山羊特有のほどよい酸味と後味のさっぱりした爽快感あふれる味です。このチーズは、通常の山羊のチーズとはつくり方と熟成が異なります。一般的にシェーヴルは、乾燥熟成と呼ばれる他のチーズづくりよりも湿度が低く風通し...

≫続きを読む

シャロレの特徴・食べ方

シャロレ(Charolais)のチーズの特徴ブルゴーニュ地方を産地とするチーズ。側面がふくらんだ円筒形で、ブルーや白の自然のカビが表皮をおおっており、一見シェーヴルらしからぬ色をしています。ミルク本来のおいしさを存分に引き出したチーズで、コクがあり酸味も少なく、過不足ない塩味とほのかな甘味がうまく融...

≫続きを読む

マコネの特徴・食べ方

マコネ(Maconnais)のチーズの特徴名前の由来は、産地であるブルゴーニュ地方の地名マコネから。熟成の度合いによって味わいが変わってきます。フレッシュで食べるのが一番ポピュラー。ミ・フレ(半分フレッシュの意味)またはミ・セック(半分乾燥したの意味)と呼ばれる熟成3週間のもの、アフィネと呼ばれる6...

≫続きを読む

バノンの特徴・食べ方

バノン(Banon)のチーズの特徴日本でも人気の高いシェーヴル。プロヴァンス地方バノン高原が産地で、栗の葉で包まれた姿。この栗の葉、晩秋の枯れ葉を1年分ストックしておいて使います。酢水で煮て殺菌することでやわらかくし、チーズをお酒のオー・ド・ヴィにくぐらせ、栗の葉で包み、ヤシのひもで結んで熟成させる...

≫続きを読む

ローヴ・デ・ガリッグの特徴・食べ方

ローヴ・デ・ガリッグ(RovesdesGarrigues)のチーズの特徴南仏の高原でハーブをたっぷり食べて育ったローブ種の山羊ミルクを使っているため、このチーズは豊かなハーブの香りがします。この山羊はマルセイユを中心にわずか。さわやかな酸味がおいしく、個性的ですが、食べやすいです。熟成が進んでもおい...

≫続きを読む

ペライユの特徴・食べ方

ペライユ(Perail)のチーズの特徴数少ない羊のソフトチーズ。このチーズの産地、ルエルグ地方といえば、三大ブルーチーズのひとつのロックフォールが有名ですが、ペライユもこの地方の昔からあるチーズで、最近人気と知名度が上がったチーズ。濃いクリームのようにねっとりしていて、クセのないチーズで食べやすさは...

≫続きを読む

フルール・デュ・マキの特徴・食べ方

フルール・デュ・マキ(FleurduMaquis)のチーズの特徴デコレーションがおもしろいチーズ。コルシカ島産のチーズで、ローズマリー、サリエット、コショウなど、ハープがまぶしてあり、上には赤いトウガラシやジュニパーベリーがのっています。まず乾いた香草の強い香りが鼻を刺激します。チーズ自体が羊ででき...

≫続きを読む

ムラッツァーノの特徴・食べ方

ムラッツァーノ(Murazzano)のチーズの特徴ピエモンテ州の小さな山の村でつくられている伝統的なチーズ。この村でつくられたものだけがムラッツァーノを名のることができます。羊乳らしいほのかな甘みと豊かな風味に、洗練されたデリケートなおいしさが融合して、マイルドでとても食べやすいです。羊乳を6割使う...

≫続きを読む

アセイトンの特徴・食べ方

アセイトン(Azeitao)のチーズの特徴ポルトガルのチーズ。リスボンの南が産地。ポルトガルのチーズは、羊乳のものが中心で、やさしい風味のものが主流。朝鮮アザミの雄しべを凝固剤などに使うのが特徴です。アセイトンは、ポルトガルらしさが味わえチーズです。周りのカピは何度もブラシで洗い落とすため、きれいな...

≫続きを読む

Sponsored Link