Sponsored Link

ブルサンの特徴・食べ方

ブルサン(Boursin)のチーズの特徴

1957年に登場し、またたく間に世界中に広まったのが、このブルサンというチーズです。
フランスのノルマンディの家庭でつくられていた、香草入りのフロマージュ・ブランがもとになっているといわれています。
名前の由来は、フランソワ・ブルサンという人のレシピからつくられたことからだそうです。

 

 

牛乳にクリームをまぜてつくるので、70%もの高脂肪のチーズになっています。
熟成をさせないフレッシュタイプのチーズで、プレーン、ニンニクとハープが入った「アイユ&フィーヌゼルブ」やコショウ入りの「ポワブル」などがあります。

 

クリーミーで口当たりがまろやかで、オードブルやおつまみに適した食べやすいチーズ。
胡椒入りはピリッと刺激的な味でビールにも合います。ナチュラルチーズ初心者の人にはおすすめ。

 

食べきりにぴったりのサイズもあります。

 

  • タイプ:フレッシュ
  • 原産地:フランス、ノルマンディ地方
  • 乳種:牛乳にクリームを添加
  • 脂肪分:70%

 

 

ブルサンのチーズの食べ方

ポワプルは軽めの赤ワインやビール、アイユは辛口の白ワインによく合います。
バンやクラッカーに塗り、オードブルにして食べましょう。
生クリームでのぱして、ディップとしても使えます。
ステーキの上にのせたり、エスカルゴににんにくバターのかわりに詰めてもよいでしょう。
ハンバーグやステーキのソースとしてもよいですし、ポテトサラダに混ぜてみてもいいでしょう。

 

ブルサンの商品一覧(楽天市場)

Sponsored Link

 
ページの先頭へ戻る