サン=マルセランの特徴・食べ方

サン=マルセラン(Saint-Marcellin)のチーズの特徴

熱も圧搾もせず、加塩だけで作られるチーズ。
昔は山羊のミルクでつくられていましたが、今では牛乳でつくられます。

 

若いうちは、シェーヴルを思わせるさわやかな味があります。
熟成させると、甘味、酸味、塩など、味の基本がしっかりとしていきます。
表皮が薄く、表皮をめくると、トロトロになる前のとろみがついた状態のもの出てきます。
ウオッシュタイプを思わせるようなクリーミーで濃厚な昧に。

 

若いサンマルスランと熟成させたものの状態と比べると全然違います。
熟成の度合いは好みの分かれるところ。
通常は余り熟成させないフレッシュな状態で売られてます。
熟成させたい場合はしばらく待ちましょう。

 

 

以前はシェーヴルのようにかたく熟成させていましたが、リョンのチーズ商のアイガーアからトロトロの「サン=マルセラン・アフィネ」が生まれました。

 

  • タイプ:フレッシュ
  • 原産地:フランスドーフィネ地方
  • 乳種:牛乳
  • 脂肪分:最低40%

 

 

サン=マルセランのチーズの食べ方

カットしてオードブルやデザートに。
ワインは熟成したものを合わせましょう。
例えば、上品なプロヴァンスの辛口ロゼ。
そのまま歯べてもおいしく、塩、コショウとハープを散らして、サラダ風に食べるのもおすすめです。熟成したものはトロトロなので、スプーンですくって食べるのもOK。

 

サン=マルセランの商品一覧(オーダーチーズ)



サン=マルセランの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る