モッツァレラの特徴・食べ方

モッツァレラ(Mozzarella)のチーズの特徴

サラダやピザなどイタリア料理でおなじみのモッツァレラ。
乳を固め、その塊を熱いお湯の中でこねたり、伸ばしたりすることで、裂けるような独特の組織を作り出したフレッシュチーズ。
弾力性があり、外側はお餅のようななめらかな肌ですが、中はやわらかく、薄く切ろうとすると崩れてしまうほど。熱を加えると糸を引くのが特徴。
濃厚なミルクの味、ほんのりとした甘さで、酸味はほとんど感じられません。
これまでのチーズのイメージとは違った風合いを持っています。

 

牛乳製のものをよく見かけますが、もともとのモッツァレラは水牛乳でつくられていました。
水牛乳は牛乳にくらべて脂肪分が高く、歯ごたえがあります。

 

おいしいモッツァレラは切り目で判断できます。
新鮮なものほど切り口からミルクがしみ出ています。
まわりに薄い皮があり、中身がぼそぼそになっているものがベスト。
水牛乳製のモッツァレラは、鮮度が命です。
必ず、入荷日をチェックしてから買うようにしましょう。

 

  • タイプ:フレッシュ
  • 原産地:イタリアカンパーニャ州
  • 乳種:水牛、牛
  • 脂肪分:最低52%

 

 

モッツァレラのチーズの食べ方

スライスしたトマトにバジルと一緒にはさむサラダは、おなじみ。
ビザにも欠かせません。
イタリアではそのまま切ってオリーブ油をかけ、コショウと塩で食べたりもします。
ワインは、軽めの赤やさっぱりした白がよく合います。

 

モッツァレラの商品一覧(オーダーチーズ)

 
ページの先頭へ戻る