マスカルポーネの特徴・食べ方

マスカルポーネ(Mascarpone)のチーズの特徴

ティラミスの原材料に使われるチーズ。
「ティラミス」の大流行で一躍有名になりました。
マスカルポーネはティラミスだけでなく、ほかのチーズケーキやお菓子にもよく使われています。
現在ではイタリアの各地で1年中生産されていますが、もともとはロンバルディア州の特産品でした。

 

 

柔らかで、やや甘味があり、ホイップしたクリームのようでバターのような風味。
塩分や酸味はマイルドで、ミルクの品の良い甘みがたっぷりとつまっています。
そのままでも、生クリームとバターの中間のような、こってりとしてなめらかな□当たりが楽しめます。

 

出来立てが一番美味しく、早めに食べのがよいでしょう。

 

クリーミーで微妙な甘味、滑らかな風味はお菓子作りに欠かせません。

 

  • タイプ:フレッシュ
  • 原産地:イタリア
  • 乳種:牛乳
  • 脂肪分:最低60%

 

 

マスカルポーネのチーズの食べ方

ティラミスに代表されるように.やや苦味のあるものとの相性はバツグン。
ジャムやフルーツと一緒に食べたり、ビスケットやケーキに添えたり、スープやパスタの仕上げにも使われます。
ゴルゴンゾーラなど塩分の高いブルーチーズを食べるときに混ぜ合わせることも。

 

甘口のワインやブランデー、コーヒー.紅荼によく合います。
クローデッド・クリームのかわりとしてスコーンにもぴったりです。

 

マスカルポーネの商品一覧(オーダーチーズ)

 
ページの先頭へ戻る