モルビエの特徴・食べ方

モルビエ(Morbier)のチーズの特徴

このチーズの最大の特徴は中央部に水平に入っている1本の黒いライン。
これは実はスス。食べても安心な植物件食品添加炭が使われています。

 

この黒いラインは、モルピエが農家の自宅用チーズであったことに由来します。
モルビエの産地はジュラ地方で、フランス人の大好きなコンテと同郷です。
昔、コンテは共同でつくられていました。
しかし、冬の雪深い時期は、酪農場までカード(凝乳)を持っていけなかったために、家でつくったのがモルビエです。
一つのチーズをつくるには乳が足りず、つくったカードに鍋の底のススを振りかけ、翌日あらたにカードを足してつくりました。
今は、ススは必要ないのですが、伝統的なスタイルとして、線は健在です。

 

このチーズはあまり熟さないうちに食べるのがよいとされています。
軽い甘みとふんわりとやさしい味、むっちりとした食感。

 

  • タイプ:セミハード
  • 原産地:フランス フランシュ=コンテ地方
  • 乳種:牛
  • 脂肪分:最低45%

 

モルビエのチーズの食べ方

フルーティーなワインを選ぶとよいでしょう。
モルビエの持つ山のチーズの味わいがより深いものになります。

 

モルビエの商品一覧(オーダーチーズ)

 
ページの先頭へ戻る