クルティンの特徴・食べ方

クルティン(Crutin)のチーズの特徴

黒トリュフをこまかく刻んだものと、牛と山羊のミルクとを一緒に煮てつくる、贅沢なチーズがクルティンです。

 

トリュフの媚薬のような香りがしっかりと感じられます。
中身はくずれるようなもろい組織で、ぽそぼそしていて素朴な趣があります。
このチーズは円筒状で上にひもが結んであります。
元々はネズミよけのために、ワインカーヴの天井からつるして熟成させた名残りだそうです。

 

クルティンという名前もピエモンテ地方でワインカーヴを意味します。
ちょっと食卓をゴージャスに演出したいときにおすすめ。

 

  • タイプ:セミハード
  • 原産地:イタリアピエモンテ州
  • 乳種:牛・山羊
  • 脂肪分:最低50%

 

クルティンのチーズの食べ方

芳醇な香りとコクのある赤ワインでじっくり味わいたいチーズです。
同地域のピエモンテのワインがおすすめ。
パスタに振りかけてトリュフ風味に仕上げたり、パンにのせてトーストしてトリュフ味のカナッペにしたりと、トリュフを満喫しましょう。

 

クルティンの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る