モンターズィオの特徴・食べ方

モンターズィオ(Montasio)のチーズの特徴

イタリアの北の端、オーストリアとスロベニアの国境に接する小さな州がこのチーズの産地。
モンターズィオという名は、ここの山の名前。
13世紀の半ばにモッジオ修道院の修道僧たちによってつくられていたチーズがモンターズィオ山に住む人々に伝えられ、評判を呼び、1773年、地元で公的価格が定められ、一定の生産量を確保するようになったのです。

 

熟成したものは、伝統ある山のチーズらしく、かみしめるほどに味わいが深くなるのが特徴。
コクがあり、味のバランスがよく、食べやすいチーズです。
熟成が進むと、風味やうまみとともにパイナップルのような甘みも増してきて、濃厚なおいしさが口いっぱいに広がります。

 

  • タイプ:セミハード
  • 原産地:イタリアヴェネト州
  • 乳種:牛
  • 脂肪分:最低40%

 

モンターズィオのチーズの食べ方

赤ワインが合います。
また熟成の若いモンターズィオはテーブルチーズとして、熟成が進んだものはおろして調味料として使ってもおいしく食べられます。

 

モンタージオの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る