クリームハヴァティの特徴・食べ方

クリームハヴァティ(CreamHavarti)のチーズの特徴

当初はデンマークのティルジッターとして知られていましたが、デンマークチーズ界の先駆者ハンナ・二ールセンの業績をたたえ、いつしか彼女の農場の名、ハヴァティで呼ばれるようになりました。

 

表皮は淡い黄色で、ベタベタしています。
ほのかな甘みとコクがあり、比較的食べやすいチーズといえるでしょう。
熟成3ヵ月を過ぎると、いっそう深い味わいとなります。
中身はこまかい米粒大の気孔が全体に広がっていて、しなやかで弾力があります。
ウオッシュタイプのチーズに共通するにおいと粘りけがあるので、ウオッシュタイプとして分類ぎれることも。

 

  • タイプ:セミハード
  • 原産地:デンマーク ユトランド半島
  • 乳種:牛
  • 脂肪分:最低60%

 

クリームハヴァティのチーズの食べ方

デンマークではサンドイッチ用のチーズとしておなじみ。
フレッシュな野菜との相性は抜群なので、サラダや野菜スティックに添えてもよく合います。
飲み物はビールやフルーティーな白ワインがおすすめ。

 

クリームハヴァティの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る