Sponsored Link

サント=モール・ド・トゥーレーヌの特徴・食べ方

サント=モール・ド・トゥーレーヌ(Sainte-MauredeTouraine)のチーズの特徴

フランスのロワール川周辺はシェーヴルの産地として有名で、このチーズの知名度は高いです。

 

山羊らしい酸味とミルクのまろやかさが絶妙の、さわやかな風味のチーズ。
中身はきめ細かく塩味と酸味のバランスがとれ、さわやかな口当たりと豊かなコクが、口の中に広がります。

 

薪のような形も人気。
このチーズ、中央にはワラが1本通っています。
もともとは形がくずれるのを防止するためと、チーズの呼吸を助けるためでした。
しかし、AOCの規定が変わり、1999年1月からワラを通すことが義務づけられ、さらに生産者の番号も印刷するように決められました。
ワラには、生産者番号が印刷されています。

 

食べきるときは、まず完全にワラを抜きとってから切り分けるとよいでしょう。
伝統的な食べ方は、太いほうの端を1cm程度残して、その次から食べ始めるようです。
熟成したものはワラが抜けないので、そのまま切っていただきます。
若いうちは、フレツンュなおいしさが楽しめ、熟成につれて、周りの木炭粉が黒からグレーに変わり、熟成3週間ぐらいたったころが一番の食べごろです。
身がしっとりしてきて、山羊特有の風味は強まるものの酸味はやや薄らぎ、まろやかなコクが出てきます。
さらに熟成が進むと、ヘーゼルナッツの香りが感じられるようになります。

 

  • タイプ:シェーヴル
  • 原産地:フランス トゥーレーヌ地方
  • 乳種:山羊
  • 脂肪分:最低45%

 

サント=モール・ド・トゥーレーヌのチーズの食べ方

クルミ入りのバンと赤ワインのシノンがオススメ。
シノンの赤ワインが入手しにくければ、香りのよい赤ワインを。
薄く切ってサラダにかけたりするのも良いでしょう。

 

サント=モール・ド・トゥーレーヌの商品一覧(楽天市場)

Sponsored Link

 
ページの先頭へ戻る