シャロレの特徴・食べ方

シャロレ(Charolais)のチーズの特徴

ブルゴーニュ地方を産地とするチーズ。
側面がふくらんだ円筒形で、ブルーや白の自然のカビが表皮をおおっており、一見シェーヴルらしからぬ色をしています。

 

ミルク本来のおいしさを存分に引き出したチーズで、コクがあり酸味も少なく、過不足ない塩味とほのかな甘味がうまく融合しています。
さらに上質なものは、クリームとナッツのフレイバーがほのかに感じられます。

 

目が詰まっていてずっしりとしており、しっかりとしたテクスチャーで、不思議なあと味を持ち、口の中でいつまでも香りが残ります。

 

  • タイプ:シェーヴル
  • 原産地:フランス ブルゴーニュ地方
  • 乳種:山羊
  • 脂肪分:45%

 

シャロレのチーズの食べ方

シャロレの複雑な味わいには、上質の赤ワインがいいでしょう。
チーズとワイン、お互いの深いコクと奥行きがしっかりと絡み合います。
白の場合は、ボジョレー、マコネがいいでしょう。

 

シャロレの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る