シャビシュー・デュ・ポワトゥの特徴・食べ方

 
Sponsored Link

シャビシュー・デュ・ポワトゥの特徴・食べ方

シャビシュー・デュ・ポワトゥ(ChabichouduPoitou)のチーズの特徴

このチーズの外皮は薄く、若いうちは白っぽいのですが、熟成が進むと黄や茶色、もしくはブルーグレーに変わります。
中身は、白くきめが細かく組織が詰まっています。
口当たりは滑らかで、ほかのシェーヴルにくらべて、やや辛口でこってりとした味わい。
熟成が進むと濃厚で個性的な味わいとなります。

 

シャビシューのシャビは、アラビア語で山羊を意味します。
8世紀初頭、アラビアから来たサラセン軍をフランス軍が迎え撃った場所が、このチーズの産地であるポワトゥ地方のポワチエでした。
敗北したサラセン軍が、このチーズのレシピを残していったといわれています。
ポワトゥ地方はフランスの一大山羊地帯。

 

現在このチーズは、ボンドと呼ばれる円錐形をしていますが、これは1990年にAOCを取得する際に統一したもの。それ以前は実にさまざまな形がありました。

 

  • タイプ:シェーヴル
  • 原産地:フランス ポワトゥ地方
  • 乳種:山羊
  • 脂肪分:最低45%

 

シャビシュー・デュ・ポワトゥのチーズの食べ方

産地を合わせてポワトゥ地方、もしくは近くのポルドーの上質な辛口の白ワインがおすすめ。
またフレッシュなイチジクと合わせてオードブルやデザートにすると、贅沢な一皿となります。

 

シャビシュー・デュ・ポワトゥの商品一覧(楽天市場)

Sponsored Link

 

関連ページ

サント=モール・ド・トゥーレーヌの特徴・食べ方
山羊らしい酸味とミルクのまろやかさが絶妙のさわやかな風味のチーズ。熟成につれて、周りの木炭粉が黒からグレーに変わります。
クロタン・ド・シャヴィニョルの特徴・食べ方
熟成の度合いによって味わいの違いを楽しめるチーズ。熟成が進むと濃厚な山羊のミルクの風味と香りが強まります。ローストすることによって、山羊くささが薄れて食べやすくなります。
プーリニィ・サン=ピエールの特徴・食べ方
塩分は比較的控えめ。やや酸味が強いもののクリーミーで山羊特有のにおいも軽く、食べやすいチーズ。
セル=シュール=シェールの特徴・食べ方
シェーヴルの傑作の1つと名高いチーズ。繊細でやさしい味わいを持ち、シェーヴルらしい風合いも充分に感じられます。かすかな甘さとほどよい塩味。
ピコドンの特徴・食べ方
ミルクが濃厚でほどよいコクがあるチーズ。クリーム地にうっすらと白みがかった自然のカビがかかっていて、熟成につれて表面をカビがおおい硬くなります。
ロカマドゥールの特徴・食べ方
このチーズは通常のシェーヴルと違って、ポロポロせず口当たりがシルキー。クセがなく、ミルクの風味がやさしい味のチーズに仕上がっています。
ヴァランセの特徴・食べ方
シェーヴルは灰がまぶしてあるものが多く、中でもこのチーズは真っ黒な木炭の灰におおわれています。さっぱりとした酸味があり、しっとりとして上品な味わい。
モテ・ア・ラ・フイユの特徴・食べ方
山羊特有のほどよい酸味と後味のさっぱりしたチーズ。通常の山羊チーズとは作り方と熟成方法が異なります。
シャロレの特徴・食べ方
ミルク本来のおいしさを存分に引き出したチーズで、コクがあり酸味も少なく、塩味とほのかな甘味。上質なものは、クリームとナッツの味がほのかに感じられます。
マコネの特徴・食べ方
フレッシュなときはクリーミーで、酸味はあまりなく、フルーティでソフトな甘さがあるチーズ。熟成のぐあいによって味わいが変わってきます。
バノンの特徴・食べ方
日本でも人気の高いシェーヴルチーズ。若いうちはしっかりと締まった質感ですが、熟成につれてねっちゃりと柔らかい独特のうまみをかもし出します。
ローヴ・デ・ガリッグの特徴・食べ方
さわやかな酸味がおいしく、個性的なのに食べやすいチーズ。ハーブを食べて育ったローヴ種の山羊のミルクを使用。豊かなハーブの香りがします。
ペライユの特徴・食べ方
クセのないチーズで食べやすさは抜群。少し熟成させて、とろりと柔らかくなったころが食べごろ。
フルール・デュ・マキの特徴・食べ方
ハーブなどを周りにまぶした羊のミルクを使ったチーズ。コクがあり、周りにつけたハーブの風味がチーズに浸透しておいしさを増します。
ムラッツァーノの特徴・食べ方
羊乳らしいほのかな甘みと豊かな風味に洗練されたおいしさ。マイルドでとても食べやすいチーズ。
アセイトンの特徴・食べ方
羊のチーズらしくやさしくマイルドな味わいで食べやすい。塩けあり。慣れると特有のうまみを感じるでしょう。