モテ・ア・ラ・フイユの特徴・食べ方

モテ・ア・ラ・フイユ(Mothaisalafeuille)のチーズの特徴

栗の葉にのったチーズ。
山羊特有のほどよい酸味と後味のさっぱりした爽快感あふれる味です。

 

このチーズは、通常の山羊のチーズとはつくり方と熟成が異なります。
一般的にシェーヴルは、乾燥熟成と呼ばれる他のチーズづくりよりも湿度が低く風通しのよいカーヴ(洞窟)で熟成が行われます。
しかしモテ・ア・ラ・フイユの場合は、風通しがなく湿度がほとんど100パーセントの部屋に、閉じ込めた状態で熟成させます。
脂っぽい熟成と呼ばれており、ラッピングにも使われている栗の葉を敷き詰めて、できるだけ湿気を逃さないやり方でつくられるのです。
湿度をキープさせる熟成の仕方であるがゆえに、表皮はべたつき、身は溶けるようです。

 

  • タイプ:シェーヴル
  • 原産地:フランス ポワトゥ地方
  • 乳種:山羊
  • 脂肪分:45%

 

モテ・ア・ラ・フイユのチーズの食べ方

ワインはブルゴーニュ地方の赤、中でも一番繊細と言われるフルーリーがおすすめです。
カフェオレと合わせて食べても、しっくりきます。

 
ページの先頭へ戻る