ローヴ・デ・ガリッグの特徴・食べ方

ローヴ・デ・ガリッグ(RovesdesGarrigues)のチーズの特徴

南仏の高原でハーブをたっぷり食べて育ったローブ種の山羊ミルクを使っているため、このチーズは豊かなハーブの香りがします。
この山羊はマルセイユを中心にわずか。

 

さわやかな酸味がおいしく、個性的ですが、食べやすいです。
熟成が進んでもおいしいですが、おすすめはフレッシュなとき。
ハーブの香りが高いもの、ドライになったハーブの香りの強いものなどそれぞれ試してみましょう。

 

  • タイプ:シェーヴル
  • 原産地:フランス ラングドック地方、ルション地方
  • 乳種:山羊
  • 脂肪分:45%

 

ローヴ・デ・ガリッグのチーズの食べ方

プロヴァンス地方のロゼや白ワインとよく合います。
形も小さく香り豊かなチーズなので、そのままで食べるのが一番おいしい。
ハーブやスパイスをまぶしても。

 

ローヴ・デ・ガリッグの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る