バノンの特徴・食べ方

バノン(Banon)のチーズの特徴

日本でも人気の高いシェーヴル。
プロヴァンス地方バノン高原が産地で、栗の葉で包まれた姿。
この栗の葉、晩秋の枯れ葉を1年分ストックしておいて使います。
酢水で煮て殺菌することでやわらかくし、チーズをお酒のオー・ド・ヴィにくぐらせ、栗の葉で包み、ヤシのひもで結んで熟成させるため、ほのかにオー・ド・ヴィの香しい芳香があります。
熟成が若いのは、身が白く、きめが細かく、弾力はなく、ミルクが匂います。
熟成が進むと表皮に栗の葉の色がつきます。
ほかのシェーヴル同様、熟成の各段階でそれぞれの味が楽しめます。
若いうちはしっかりと締まったテクスチャーですが、熟成につれてねっちりとやわらかい独特のうまみをかもし出します。
酒粕のような風味があります。

 

  • タイプ:シェーヴル
  • 原産地:フランス プロバンス地方
  • 乳種:山羊
  • 脂肪分:45%

 

バノンのチーズの食べ方

ドリンクも食べ物も、幅広く合わせやすいチーズです。
ワインは若いものなら辛口の白、熟威したものはややコクのある赤がよいでしょう。
食べ物はバンやフルーツに添えても、サラダに入れても合います。

 

バノンの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る