セル=シュール=シェールの特徴・食べ方

セル=シュール=シェール(Selles-sur-Cher)のチーズの特徴

シェーヴルの傑作の1つと名高いチーズ。
繊細でやさしい味わいを持ち、シェーヴルらしい風合いも充分に感じられます。
山羊乳独特の芳醇な香り、かすかな甘さと酸味、ほどよい塩味が、持ち味のよさを引き出し、食べたあと口の中にほのかな香りが残ります。

 

ポプラの炭灰、塩を混ぜたものを表面にまぶして熟成させます。
表面は乾いていて、熟成が進むにつれて、細かいシワが寄り、色も黒からグレーに変わっていきます。
手でさわってみてカサカサに乾いていたら、熟成して食べごろを迎えた証拠。
外側とは対照的に、中身は白く、適度な水分を保ち、きめ細かく、弾力があり、触感は非常に滑らか。
ナッツのような味わいに変わります。
また表皮も食べることができます。

 

このチーズの産地は、ロワール川の支流シェール川一帯。
城が点在する美しい田園風景で知られるロワール川中流地域は、シェーヴルの産地としても有名。

 

  • タイプ:シェーヴル
  • 原産地:フランス ベリー地方
  • 乳種:山羊
  • 脂肪分:最低45%

 

セル=シュール=シェールのチーズの食べ方

パンをはじめレーズンやナッツ、イチゴなどフルーツと食べてもいいでしょう。
クラッカーにのせてオードプルにも使えます。
辛口の白ワイン、フルーティな赤ワインと一緒に。

 

セル=シュール=シェールの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る