ペライユの特徴・食べ方

ペライユ(Perail)のチーズの特徴

数少ない羊のソフトチーズ。
このチーズの産地、ルエルグ地方といえば、三大ブルーチーズのひとつのロックフォールが有名ですが、ペライユもこの地方の昔からあるチーズで、最近人気と知名度が上がったチーズ。

 

濃いクリームのようにねっとりしていて、クセのないチーズで食べやすさは抜群。
少し熟成させて、とろりとやわらかくなったころが食べごろです。
羊特有のマイルドな甘さが持ち味で、熟成してもピリピリとはしません。
食べると羊のミルクのほんのりとした甘さが、口の中いっぱいに広がります。
それでいてあと味はさわやかなので、たくさん食べらるでしょう。

 

自宅で食べるときに、もし若いようならラップに包んでおくと、トロトロのチーズに変身します。少しオレンジ色がかった白っぽい外観が、上品な印象です。

 

  • タイプ:ブルビ
  • 原産地:フランス ルエルグ地方ラルザック高原
  • 乳種:羊
  • 脂肪分:45〜50%

 

ペライユのチーズの食べ方

そのまま食べてもよいですし、トロトロになったものをバンに塗ってもよいでしょう。
いずれにしてもチーズそのものの味を楽しむとよいでしょう。
ワインはプルゴーニュ地方の赤、ポジョレーなどがおすすめです。

 

ペライユの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る