Sponsored Link

チェダーの特徴・食べ方

チェダー(Cheddar)のチーズの特徴

サマーセット州チェダー村がこのチーズの故郷です。
16世紀ころ、チューダー王朝時代に人気を博したチーズで、世界各地に移り住んだ移民たちの手によって、それぞれの地でつくられるようになりました。
やがて伝統的な手法を守りながらも工場生産が可能になり、世界で最も生産されるチーズとなりました。

 

今ではほとんど工場製となっているチェダー、たいてい20sの立方体で真空パックしてから熟成させています。
日本に輸入されるチェダーもこのタイプがメイン、クリーミーな口当たりと、ほんのりとナッツの風味で、非常に食べやすいチーズです。

 

チェダーは、本来は着色しません。
しかも農家でつくられる伝統的なものは、重さは30kg近くもあり円筒形で、まわりは布に巻かれています。
農家製のチェダーは、味も芳醇という言葉がふさわしい、深い味わい。
独特の甘い芳香、やわらかな酸味、どっしりとしたうまみが、みごとなハーモニーとなって、チェダーの世界をつくり出しています。
数は少ないものの、この伝統的なチェダーも日本に輸入されています。
機会があれば、ぜひ本物を味わってみてください。

 

今日では、イギリス全上でつくられているポピュラーなチェダーですが、伝統的なものはウエスト・カントリー・ファームハウスチェダーという名称で、DOPで守られています。

 

  • タイプ:ハード
  • 原産地:イギリス サマーセット州
  • 乳種:牛
  • 脂肪分:50%

 

チェダーのチーズの食べ方

サラダやオムレツ、料理のソースなどに使います。
フルーツと一緒に食べでもよいでしょう。
飲み物も何にでもよく合いますが、スコッチウイスキーとは特に相性がよいです。

 

チェダーの商品一覧(オーダーチーズ)

Sponsored Link

 
ページの先頭へ戻る