クーロミエの特徴・食べ方

クーロミエ(Coulommiers)のチーズの特徴

クーロミエの名前の由来は、産地であるイル=ド=フランス地方の同名の町から。

 

小型ですが、その割には厚みがあります。
農家製のクーロミエは、ブリらしい豊かなコクとナッツのような風味に、やさしい口当たりと上品な味わいが特徴です。
熟成されたクーロミエには濁りのない黄色の身に白い芯があります。
芯にはフレッシュチーズを思い出させる酸味があり、芯を囲む身はとろっと柔らかくとろけます。

 

殺菌乳の大量生産のクーロミエも流通していますが、できれば無殺菌乳製を選びたいものです。

 

この地域では他に、ブリー・ド・モー、ブリー・ド・ムランがあります。
クーロミエはコクと香りをモーから受け継ぎ、味わいと風味は独特のおいしさです。
熟成によりコクのある木の実のような風味も生まれます。

 

  • タイプ:白カビ
  • 原産地:フランスフランス地方
  • 乳種:牛乳
  • 脂肪分:45%

 

 

クーロミエのチーズの食べ方

薄めにカットして、ミディアムポディの赤ワインを合わせると、おいしさが引き立ちます。
また、パン・ドカンパーニュや酸味のあるフルーツとの相性もなかなかのものです。

 
ページの先頭へ戻る