ガプロンの特徴・食べ方

ガプロン(Gaperon)のチーズの特徴

オーヴェルニュ地方の方言でバターミルクを意味するガプが名前の由来。
もともとはバターをつくったあとのミルクでつくられた乳脂肪分が少ないチーズでした。
ミルクを1滴たりと無駄にできない、かつての貧しい山の暮らしならではの工夫です。
現在では、良質のミルクをたっぷり使ってつくります。

 

ちょっとスパイシーなのがこのチーズの特徴。
半分脱脂したカード(凝乳)にバターミルクをかけてやわらかくし、そこに塩、コショウ、ニンニクを入れてつくります。
これらの味や香り、そして控えめなミルク本来のやさしい風味が感じられます。
まわりは乾いていて、押すとはねかえす弾力があります。

 

ガプロンのもうひとつ特徴は、丸いチーズにひもがかけられていること。
これはかつて天井からつり下げて熟成させた名残り。
熟成するために、かまどの火のそばに吊るしたのでスモークの匂いがついているものもありました。

 

  • タイプ:白カビ
  • 原産地:フランスオーヴェルニュ地方
  • 乳種:牛乳
  • 脂肪分:30〜45%

 

 

ガプロンのチーズの食べ方

スパイシーなので、レタスに包んだり、サラダに使ったり、そのままカットしておつまみにして歯べるのがおすすめ。
かたくなったら、すりおろしてパスタに利用してもおいしいです。
飲み物はミディアムポディの赤ワイン、ビールが合います。

 

ガプロンの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る