ブルソーの特徴・食べ方

ブルソー(Boursault)のチーズの特徴

1950年代に生まれた製品。
パリに近いイル=ド=フランス地方の村のチーズ職人ブルソー氏が、ブリのあと味を持つチーズをつくろうと開発しました。
イル=ド=フランスの良質な原料乳の風味を生かし、熟成を待たずに食べられるチーズを目ざしたのです。
考案者で生産者のブルソー氏の名前がつけられています。

 

熟成前の新しいうちから、軽い味わいを楽しむことができます。
おだやかなテイストの中にブリを思わせる上品な風味があります。
やわらかい綿毛のような薄い表皮におおわれ、□に入れるとさらりと溶け、上質なバターのような口当たり。
生地はクリーム色でしっとりとしています。
脂肪分が70パーセントと高いトリプルクリームタイプなので、とてもクリーミー。
クセと呼べるほどの強さはありませんが、しっかりとした味わい、軽い酸味と香りもさわやかです。
熟成するにつれて、濃厚な味わいへと変わっていく変化を楽しみましょう。

 

  • タイプ:白カビ
  • 原産地:フランスフランス地方
  • 乳種:牛乳にクリーム添加
  • 脂肪分:70%

 

ブルソーのチーズの食べ方

バゲットやクルミ入りパンにたっぷりのせて味わいたいチーズ。
フルーツを添えてデザートにしてもOK。
ワインは、軽めから中程度のソフトな赤ワインを選びましょう。
白なら、やや辛口のものがよいでしょう。

 

ブルソーの商品一覧(楽天市場)

 
ページの先頭へ戻る