シャウルスの特徴・食べ方

シャウルス(Chaource)のチーズの特徴

シャウルスの名前はシャンパーニュ地方にある小さな村から来ています。

 

真っ白なカビが、降り積もった雪のような美しさです。
熟成前の若いシャウルスは淡雪のように溶けていきます。
若さを楽しむのもチーズの味わい方のひとつ。

 

熟成が進むと深いコクが出てきて、しっかりとしたうまみがあります。
それはウオッシュタイプにまさるとも劣らない深い味わい。
豊かで濃厚なミルクでつくられていて、軽いクリームのにおいとキノコや植物のハシバミの風味がほのかに感じられる食欲をそそるチーズ。

 

側面を握ってみて、弾力が出始めたら食べごろ。
熟成を楽しみながら少しずつ食べるのがベスト。

 

  • タイプ:白カビ
  • 原産地:フランスシャンパーニュ地方
  • 乳種:牛乳
  • 脂肪分:最低50%

 

 

シャウルスのチーズの食べ方

辛口の白ワインやシャンパンのロゼとの相性がよいです。
産地を合わせて、シャンパンやブルゴーニュ地方のキリリとしたシャブリと合わせるとよいでしょう。
食べるときはバゲットやバン・ド・カンバーニュ、クルミやカランツ入りのパンと一緒に。

 

シャウルスの商品一覧(オーダーチーズ)

 
ページの先頭へ戻る