殺菌乳とは

搾った生乳を加熱処理し、殺菌したもの。

 

殺菌する方法はさまざま。
主な殺菌方法は、
低温保持殺菌:63〜65℃ 30分
連続式低温殺菌:65〜68℃ 30分
高温保持殺菌:75℃以上 15分以上
高温短時間殺菌:72℃以上 15分以上
超高温瞬間殺菌:120〜150℃ 1〜3秒

 

 

現在主流となっているのは、超高温瞬間殺菌(UHT殺菌)。
牛乳が、蒸気で加熱した高温の金属プレート内を通過する際に数秒間殺菌し、
その後急速に冷却する方法。
この殺菌方法が9割以上を占めている。

 

どの殺菌方法でも、牛乳の栄養は変わりません。
たんぱく質は熱により一部変性するが、栄養や吸収率に違いはありません。

 
ページの先頭へ戻る