AOP【Appellation d’Origine Protegee】とは

AOPとは、「Appellation d’Origine Protegee(アペラシオン・ドリジーヌ・プロテジェ)」の略で、原産地名称保護と訳されます。
「EU」が定めた品質認証システムです。

 

AOCはフランスの農業製品であるワイン、チーズ、バターなどに対して与えられる認証なのに対して、
一方、AOPはEUが認証するものです。

 

 

フランスのAOCに認定されたのち、EUの審査を受け、承認されてAOPを取得する必要があります。
EUの審査に落ちた製品は、AOCの登録も抹消されてしまいます。

 

 
ページの先頭へ戻る